アマゾン、広告収入型で無料の動画配信サービスを計画か

CNET Japan 2017年11月14日(火)08時39分配信

 Amazonが、「Prime Video」を補完する広告収入型の無料サービスを準備しているという。AdAgeが、同社の計画をよく知る複数の人物の話として報じた。Prime VideoはNetflixに対抗する動画配信サービスだ。

 ただし、「トランスペアレント」「高い城の男」「グランド・ツアー」といったオリジナル番組で知られるPrime Videoの完全無料版が提供されるのではなく、同社はこの新サービスに向けて、過去に放映されたテレビ番組や映画、子供向け番組、ライフスタイル、旅行、料理関連のコンテンツなどの番組のライセンスについて、テレビネットワークや映画制作会社などのメディア企業と協議しているようだ。

 Amazonにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

 Prime Videoは、無料の「お急ぎ便」で最もよく知られる同社の「Prime」会員向けサービスに含まれている。米国では月額8.99ドルで、Amazonの動画配信サービスのみに加入することもできる。

 Amazonが広告収入型の無料サービスを準備しているという報道は、Prime Videoが提供開始された直後から出回っている。最も直近ではCNBCが10月に、Amazonが広告主やIT企業と、さらに多くの広告付き動画コンテンツのサポートについて協議していると報じた。古い報道では2014年にNew York Postが、Amazonが広告収入型サービスをその翌年に提供開始すると報じた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)08時39分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。