ASUS、デュアルレンズ搭載SIMフリースマホ「ZenFone 4 Max」と360度カメラも

CNET Japan 2017年12月05日(火)15時42分配信

 ASUS JAPANは12月5日、「WE LOVE PHOTO」を製品スローガンとした、デュアルレンズカメラ搭載のSIMフリースマートフォンZenFone 4シリーズの最新製品として、「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」とスマートフォンと接続して360度の空間を一度に撮影できる「ASUS 360° Camera」、DC式カーチャージャ「ASUS Car Charger with USB-C」を発表した。同日より予約を開始し、12月8日より順次発売する。

 ZenFone 4 Maxは、大容量バッテリ(4100mAh)を搭載し、連続待受時間最大約37日間、バッテリ駆動時間約21時間、連続通話時間約32時間の長時間利用に対応したSIMロックフリースマートフォン。ネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンクの3色をラインアップする。

 付属のOTGケーブルを利用することで本体のバッテリをモバイルバッテリのように利用することが可能な「リバースチャージ機能」は同じながらも、従来製品ZenFone 3 Maxと比べて約2倍速く給電できるようになった。

 また、背面に搭載のデュアルレンズカメラには、1300万画素のメインカメラと、通常の約2倍ワイドに撮影できる120度の広角レンズカメラを採用。カメラや被写体の位置を変えずに、ボタンひとつでアングルを切り替えられるほか、カメラアプリに搭載のフィルタや細かな設定を手動で変更できるProモードを搭載している。

 ZenFone 4シリーズでは初のデュアルSIMとmicroSDを同時使用できるトリプルスロットを搭載。2つの番号を同時待受けできるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応し、SIMの使い分けとデータ容量の追加が両立できる。

 また、マルチキャリアと高品質な通話ができるVoLTEに対応しており、後日のFOTAアップデートによりauとY!mobileのVoLTEへの対応を予定。

 最新のZenUI 4.0では、インターネットのコンテンツをさらに見やすく、より便利に閲覧、情報収集・共有を簡単に行える「ページマーカー」や、対応のSNSアプリを複製して異なるアカウントで利用できるようにする機能「ツインアプリ」、緊急時に電源ボタンを3回押すと家族などの登録電話番号にSOSメッセージや現在地情報を送れる「ZenUIセーフガード」などの機能が利用できるとしており、後日のFOTAアップデートにより搭載予定だという。発売は12月8日。希望小売価格は2万4800円(税別)。

 本体背面を保護する専用ケース「Clear Soft Bumper」も同日発売する。希望小売価格は、980円(税別)。

 ASUS 360° Cameraは、カメラ本体にバッテリを搭載せず、接続したスマートフォン本体の電力で動作する360度カメラ。

 専用アプリ「ASUS 360° Camera」をインストールし、スマートフォンに接続すれば、自動でカメラが認識される。直径約41mm、軽さ約35gとコンパクトかつ軽量なのが特徴だ。

 また、静止画を撮影する「写真モード」のほか、「動画撮影モード」、FacebookまたはYouTubeのアカウントと連携することでリアルタイムに配信ができる「ライブモード」、早送りのような動画が撮影できる「低速度撮影モード」を搭載。また、撮影した画像や動画を表示する際は、まるで目で見たままのような表示の「パノラマモード」、撮影の中心点から空間が広がるような幻想的な「アステロイドモード」、球体の中に立体感のある表示ができる「クリスタルボールモード」、VRゴーグルに入れて立体的に楽しめる「VRモード」の4つを切り替えて楽しむことができる。

 さらに、モノクロの「Inkwell」、トイカメラのような色合いの「X-Pro」、線画のような「Skeleton」、撮影後に肌のなめらかさを補正できる「Beauty」など、初期設定のノーマルな色味「オリジナル」を含め12種類のエフェクトを収録した。

 2種類のアダプタが付属し、Micro USBとUSB Type-Cに対応している。発売は12月中旬以降。希望小売価格は、1万3800円(税別)。

 ASUS Car Charger with USB-Cは、2つのUSBポートを搭載し、モバイル製品2台を同時に充電可能なDC12V/24Vの入力電圧対応のカーチャージャー。

 擦り傷に強く、指紋の跡がつきにくいアルマイト処理を表面に施したアルミニウム合金のボディが特徴。丸状のLEDインジケーターはシガーソケットに差し込むと青く光り通電を伝えるほか、夜間などの暗い車内では便利な目印となる。

 最大18Wまでの出力に対応した USB(Type-A)と、最大15Wまでの出力対応の USB(Type-C)により、合計28Wまでの高出力に対応。例えば、急速充電(BoostMaster)対応のZenFone 4 Pro(ZS551KL)を充電する場合、32分間で約60%までの高速充電が可能。

 さらには、専用のIC回路を搭載することで、出力過電圧保護、静電気放電保護、電磁妨害保護、温度保護、短絡保護、出力過電流保護の計6つの保護機能を保有している。発売は12月8日。希望小売価格は、2980円(税別)。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)15時42分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。