レストラン予約管理の「TableSolution」が1.5億円を調達--世界展開を加速

CNET Japan 2017年12月06日(水)09時00分配信

 越境飲食店ネット予約顧客管理システムの「TableSolution」を提供するVESPERは12月6日、SMBCベンチャーキャピタルから1億5000万円の資金を調達したと発表した。

 TableSolutionは2013年7月のサービス開始以来、世界中に展開する大手グローバルホテルチェーンや星付きレストランなど、約2000店舗の飲食店に導入されているという。また、2017年6月には飲食業界の無断キャンセル問題を撲滅すべく「キャンセルプロテクション」をリリースしたほか、初期・月額費用無料のクレジットカード決済機能を提供している。

 これら取り組みの結果、2017年10月時点で予約件数は前年対比で約3倍に増加。また、TableSolution導入店舗の65%は他社システムからの乗り換え(導入した店舗の利用継続率は99.8%)だという。

 現在、TableSolutionは14カ国語に対応し、海外11カ国のホテルやレストランで導入されている。また、日本発のSaaSレストラン予約管理システムとして初めてグローバルホテルチェーンの海外拠点で現地採用され、韓国ではコンラッドやグランド<9720>・ハイアット、パーク・ハイアットやヒルトンといったラグジュアリーホテルの全6軒で運用が開始されているという。

 同社では、今回の資金調達によりTableSolutionのさらなる世界展開を行う。まずは、東南アジア地域のラグジュアリーホテルへの導入を足掛かりとし、2020年を目途に海外2000店舗、国内1万2000店舗への導入を目指すという。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。