都内のサイバー犯罪、2017年上半期動向は減少--警視庁統計

ZDNet Japan 2017年09月16日(土)06時00分配信

 警視庁は9月15日、2017年上半期の都内のサイバー犯罪動向を発表した。サイバー犯罪に関する相談件数やインターネットバンキングの不正送金被害が減少している。

 同庁が受理したサイバー犯罪関連の相談は、前年同期比22.5%減の7380件だった。「詐欺・悪質商法」や「迷惑メール・スパムメール」「名誉毀損・誹謗中傷」で相談件数が減少した一方、「不正アクセス」は12%増の775件に上った。

 検挙件数は同17.1%減の523件、検挙人員も同4.1%減の426人だった。全体の約91.6%をインターネットバンキングの不正送金といったネットワーク利用型犯罪が占めていた。インターネットバンキングの不正送金の発生件数は同82.6%減の126件、被害額は同71.5%減の約2億100万円で、金融機関の監視強化などの対策による効果とみている。

 期間中には、不正に入手したビットコインの現金化を狙った事件や、高校生が遠隔操作型マルウェアに感染させたPCを踏み台に複数の企業へ不正アクセスを行った事件、無職の中国籍の人間がインターネットバンキングサイトで約150万円を不正に引き出す事件などがあった。

ZDNet Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月16日(土)06時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。