アディダスがセールスフォースとAIアプリ--「最高のスポーツカンパニー」へ

ZDNet Japan 2017年11月13日(月)07時00分配信

 「われわれの最大のストアはAdidas.comだ」というのは、Adidasの最高経営責任者(CEO)、Kasper Rorsted氏だ。デジタルメディアが主要なインターフェースという同社は、テレビ広告をやめ、デジタル戦略を強化している。

 Rorsted氏はSalesforce.comの「Dreamforce 2017」の基調講演に登場し最新のモバイルアプリを発表、デジタルとパーソナライズの重要性について語った。

 Adidasは一日に120万足の靴を売っている。これは1年前の100万足から2割アップとなり、現在同社は2020年に自社ECより40億ドルを売り上げることを目標にしている。「デジタルにあるたくさんのノイズ、データをうまく活用して顧客に関連性のあるものを提供する」とAdidasのRorsted氏はいう。キーワードは選択肢、パーソナライズだ。それを実現するに当たって、以前から利用していたSalesforceの技術をフル活用することにした。

 これまで店舗で同社が直接やり取りできる消費者は直営店に限られていた。デジタルでは直接やり取りし、データを得ることができる。それだけでなく、Salesforceのクラウド技術は別の効果ももたらした。「これまで6~9カ月かかって機能を構築してローンチしていた」というが、大幅に短縮できたのだ。

 Adidasの最新のモバイルアプリを支えるのは、「Marketing Cloud」「Commerce Cloud」「Service Cloud」といったSalesforceの技術だ。基調講演では、Salesforce.comのプロダクトマーケティング担当エグゼクティブバイスプレジデントのStephanie Buscemi氏が、消費者がモバイルで購入、決済、発注後の変更、と一連の動きをデモしながら、製品を説明した。

 まずはMarketing Cloudだ。ジャーニービルダーを利用してメール、モバイル、ソーシャルなどのチャネルに向けて、1-1のパーソナライズジャーニーを構築できる。さらにはEinstein Visionを使って、ソーシャルフィードにある自社製品を検出できるので、「意味のあるキャンペーンを展開できる」とBuscemi氏。

 パーソナライズとプロファイルでは、買収したKruxのデータマネジメントプラットフォームを活用する。オンラインのコンシューマーデータのキャプチャ、マルチデバイスでの同一ユーザーの特定、セグメント化、データのアクティベートなどの機能を持つもので、Salesforce.comは今年、Kruxを「Salesforce DMP<3652>」と名称変更している。

 キャプチャしたデータをCRMデータと組み合わせ、さまざまなデバイスでパーソナライズされた広告を展開できる。さらには拡張性もある、とBuscemi氏は説明する。「コンシューマーは自分に関連性のない広告はいらない。コネクションを持てる広告を配信しなければブロックされてしまう」と述べる。

 デモでは、Einstein Search、Einstein Predictive Sortと組み合わせ、いったん広告に飛んでサイトに戻ってきたところ、クリックした広告に合わせて消費者の好みを分析した商品が表示された。モバイルで見たあと、ノートPCやタブレットに移動しても同一ユーザーと識別され、モバイルと同じページが表示された。

 商品の購入を支えるのはCommerce Cloudだ。多言語、多通貨対応なので、Adidasのようなグローバル企業は簡単に世界展開できる。決済もApple Payでスムーズに行なった(Android Payにも対応する)。

 カートに入れた商品を、Apple Payを利用して1クリックで決済できる。

 購入後のケアを担当するのがService Cloudだ。AdidasのアプリではSalesforceのEinstein Botsを利用した「Adibot」として、ショッピング後に送付先を変更したい、色を変えたいなどのことをチャットベースで行うことができる。「究極のサービス担当」とBuscemi氏は表現。ボットによりサービス担当は反復的タスクを自動化でき、より複雑な作業に時間を割くことができるという。

 これらの機能を説明した後、Buscemi氏が強調したのがSalesforce共通の使いやすさだ。「これらをすべて、ノーコード、つまりポイントとクリックにより構築できる」とBuscemi氏は胸を張った。

 Adidasのアプリは米国と英国で公開、その後世界に展開する。

 Adidasは4月に3DプリンティングのCarbonと提携し、カスタマイズしたスニーカーの量産を開始している。商品のカスタマイズ、体験のパーソナライズはAdidasのデジタル時代の重要な戦略となる。CEOのRorsted氏は、「これが将来だ。(デジタルで)業界をカーニバライズするのではなく、業界を変えてしまうことができる」と述べ、それに当たってソフトウェア<3733>が重要な役割を果たすとした。

ZDNet Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)07時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。