“新生”Dr.Sumで新たな市場狙う--インメモリで大規模データ処理に照準

ZDNet Japan 2017年11月13日(月)09時45分配信

 ウイングアーク1stは10月、主力製品であるデータ分析基盤「Dr.Sum」のメジャーバージョンアップを6年ぶりに実施した。最新版「Dr.Sum 5.0」では、データベースエンジンをゼロから作り直した。新開発のインメモリエンジンには3年の歳月を費やしたという。

 Dr.Sumは2001年の発売以来、現場担当者がデータ活用するための「フロントデータベース」として活用されてきた。基幹システムをはじめとした各種データを取り込み、現場担当者が必要なときに必要なデータを入手し、レポート作成や分析に利用できる仕組みとなっている。

インメモリ実装で10億件のデータを高速集計

 最新版では、インメモリエンジンを実装したことにより、従来製品と比べて数十倍の高速化を実現した。10億件のデータを1秒で集計できるとアピールする。IoT(モノのインターネット)やビッグデータの活用が期待される中で、大容量データの分析を高速化することに注力した。

 「バージョン4.2まではアーキテクチャの拡張と改善を繰り返してきた。ソースコードも古くなってきており、処理速度を追求するには限界があった。今のアーキテクチャでは頭打ちの状態だった」(Dr.Sum開発部 Dr.Sum開発グループ グループマネージャーの橋田哲尚氏)

 従来のディスク方式とインメモリ方式を併用するハイブリッド構成が可能な点も特徴だ。高速化したいテーブルだけをインメモリ上に読み込ませ、対象となるデータの集計処理を高速化できる。全データのインメモリ化が不要なため、サーバリソースの効率化にもつながる。複数のインメモリサーバで負荷分散させたり、インメモリサーバで障害が発生した際にはディスク方式で代替処理させたりすることも可能だ。

 「今までの運用を大きく変えずに高速化できる点が強みだ。キューブ作成やインデックス作成などの事前処理が不要なため、IT部門でない現場に近い人でもチューニングレスで導入できる」(営業・ソリューション本部 BI事業戦略担当部長 兼 エバンジェリスト 大畠幸男氏)

 1つのテーブル当たり20億件までのデータを格納できるようになった。「従来は4億件辺りが限界」(橋田氏)だった。Dr.Sum 5.0では、マルチビュー機能を使って同じ構成のテーブルやビューをつなぎ合わせて仮想的に1つのテーブルとして参照することで、100億~200億件のデータにも対応可能だという。

 「100万件を超えるデータが当たり前の時代になった。製造機器などからデータを集めれば、1日でかなりのボリュームになる。長期間の時系列データを分析したいというニーズもある」(大畠氏)

使いやすく集計表に没頭できるデザインに

 レポーティングツール「Datalizer」のインターフェースも大きく刷新された。特にウェブ用ツールの自由度を高めた。「集計表に没頭できる」(技術本部 Dr.Sum開発部 部長 笹原徹氏)ようにデザインを一新し、右クリックのメニュー操作にも対応した。

 セル範囲の指定で集計エリアの上部に集計データの個数・合計・平均を表示するようにした。「こうしたExcelライク<2462>な機能はユーザーから好評価を得ている」(笹原氏)という。

 WebOLAP機能も強化した。管理者が用意した集計表を使って、ユーザーが自分専用にカスタマイズできるようになった。例えば、行列や集計項目に設定されていない項目を追加したり、複数の項目を1つの項目にグループ化したりといった操作が可能だ。

 ドリルダウンやドリルスルー、絞り込み、ソートについても、定義ファイルを設定しなくても動的に操作できるようになった。

 「UIの見た目や操作性は10年間ほとんど変わっていなかった。使っているユーザー数も多いので、大きな改修に踏み込めなかった。大きな変更のリスクを考えて、守りの姿勢になっていた」(笹原氏)

 Excel用アドインもユーザーインターフェースが大きく変わった。集計後に表示される操作リボンを新たに実装。操作可能なアクションがアクティブになり、直感的に操作できるようにした。「Excelアドオンも作り直したことで描画速度を高速化した。ウェブ用UIほどの派手さはないが大きな進化を遂げている」(同)

 新旧のインターフェースを切り替えられるという。旧デザインで使い慣れたユーザーでも安心してバージョンアップできるように考慮した。データベースなどの互換性も確保している。

大企業などの新たな市場を開拓

 生まれ変わりを図った“新生”Dr.Sum。ツールの高速化とデータの大容量化を進める背景には、主戦場の中堅中小企業だけでなく、大企業などの新たな市場を開拓したいという狙いがある。

 「Dr.Sumはこれまで、中堅・中小規模向けのBIツールというイメージが強かった。今後はこれまでの活用領域を超えて、大規模データの高速集計にも対応する製品として市場にアピールしていきたい」(大畠氏)

ZDNet Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)09時45分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。