NVIDIA、データセンター向け事業が急成長--年間20億ドルに達する勢い

ZDNet Japan 2017年11月13日(月)12時12分配信

 NVIDIAのデータセンター向け事業が、売上高の年間ランレートで20億ドルに到達する勢いだ。クラウド事業者がNVIDIAのGPUの採用を進める中、成長が鈍化する兆しは全く見られない。

 NVIDIAが米国時間11月9日に発表した2018会計年度第3四半期(10月29日締め)の業績報告は、全ての事業部が強い成長を示すなど傑出した内容となった。中でも特筆すべきは、データセンター向け事業の売上高が前年同期比で倍増したことだ。

 同期、非GAAPに基づく1株あたり利益は1.33ドル、売上高は26億4000万ドルとなった。金融アナリストらは1株あたり利益を94セント、売上高を23億6000万ドルと予想しており、これを軽く上回ったことになる。

 NVIDIAの好調さを考えると、IntelとAMDがNVIDIA対抗のために連携する動きも納得がいく。

 NVIDIAの最高経営責任者(CEO)、Jensen Huang氏は、「Volta」プラットフォームを土台としたデータセンター事業の強化は始まったばかりと述べている。

 「この四半期、われわれはVoltaを大きく強化するようになっており、取り組みはその前の四半期に始まっていた。それ以来、Amazon、Microsoft、Google、百度(バイドゥ)、阿里巴巴(アリババ)、騰訊(テンセント)、最近ではOracleなど、主要なクラウド事業者全てがVoltaのサポートを表明している。われわれは企業が社内や、外部向けのパブリッククラウドサービスで行う深層学習のためにVoltaを提供する」とHuang氏は述べている。また、「われわれはさらに、世界の主要なサーバコンピュータメーカーもVoltaをサポートしており、Voltaを市場で展開する準備を進めていることを発表した」と続けている。

 Huang氏は、あらゆるスーパーコンピュータがアクセラレーションを採用すると予想する。その通りになれば、NVIDIAは世界の上位500のスーパーコンピュータのうち15%よりはるかに多くを占めることになる。

 以下が、NVIDIAのデータセンター事業への追い風の要因だ。

  • 深層学習トレーニングにはさらなるコンピューティング能力が必要だ。この市場は高性能コンピューティング(HPC)の延長線上にあるとみていいだろう。
  • 推論には、数百、数千億レベルのクエリをサポートするハイパースケールのデータセンターが必要だ。推論のワークロードの土台はCPUからGPUに推移するだろう。
  • クラウドは人工知能(AI)とAIサービスを民主化し、これらの土台でGPUが使われる。
  • データセンターやクラウドを経由して、HPCがさらに産業で使われるようになる。

 Huang氏はVoltaプロセッサがCPU100基分に相当することに触れながら、ムーアの法則の時代は終わった、としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)12時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。