Dell EMC、AIや深層学習向けのHPCソリューションなど発表

ZDNet Japan 2017年11月14日(火)10時21分配信

 Dell EMCは米国時間11月13日、コロラド州デンバーで開催中の高パフォーマンスコンピューティング(HPC)関連のカンファレンス「SC17」において、機械学習や深層学習、ビッグデータのための一連の高パフォーマンスシステムを発表した。

 同社は、機械学習を大きなテーマの1つとなっているSC17において以下の内容を発表した。

  • HPCとデータ分析をメインストリームの企業にもたらすことを目的としたシステム群:これらのシステムは、詐欺検出や画像処理、金融分析、医療分野におけるオーダーメイド治療を念頭に置いて設計されている。
  • 「Dell EMC PowerEdge C4140」サーバ:同製品は、「Intel Xeon Scalable Processors」を2基、「NVIDIA Tesla」GPUを4基搭載しており、科学画像関連や、石油/ガス関連、金融サービス関連といった業界に向けたものとなっている。
  • 「Dell EMC Machine and Deep Learning Ready Bundles」:これは、顔認識や、腫瘍の診断、小売業界における行動分析を目的としたシステムのポートフォリオであり、PowerEdge C4140サーバと、「NVIDIA Tesla V100」GPUアクセラレータに対するサポートが含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)10時21分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。