Arcserve、バックアップアプライアンスの新モデルを発売

ZDNet Japan 2017年12月06日(水)06時00分配信

 Arcserve Japanは12月4日、バックアップアプライアンスの新モデル「ArcserveUDP 8200 Appliance」および「ArcserveUDP 8220 Appliance」(Arcserve UDP 8000 シリーズ)を発売した。CPUやメモリ、SSD、RAIDコントローラを刷新し、従来モデルと比較してバックアップの書き込み性能、同時ジョブの実行性能が向上している。

 両製品には、Arcserve UDP Advanced Editionが標準搭載され、継続的な増分バックアップ、 共有フォルダ(CIFS)のバックアップ、ファイル/フォルダ単位のリストア、データベースのオンラインバックアップなどのほか、仮想マシンのエージェントレスバックアップ、Office365の保護、システムのベアメタル復旧、バックアップデータの遠隔転送などの機能を提供し、統合管理コンソールも用意されている。

 主な製品仕様は下図の通り。

 価格は、Arcserve UDP 8200 Appliance(12TBモデル)が380万円(5年メンテナンス付、税別)、Arcserve UDP 8220 Appliance(24TBモデル)が680万円(5年メンテナンス付、税別)となる。

ZDNet Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)06時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。