キーボードアプリ「ai.type」、Android版ユーザー3100万人の個人情報が流出

ZDNet Japan 2017年12月06日(水)10時29分配信

 キーボードアプリ「ai.type」の「Android」版ユーザー3100万人超の個人データがオンラインに流出していた。米国時間12月5日に米ZDNetおよびKromtech Security Centerの研究者らが明らかにした。

 同アプリのデータベースサーバはパスワードで保護されておらず、577Gバイトを超える個人データに誰もがアクセスできる状態となっていた。米ZDNetが同アプリ開発者のEitan Fitusi氏に連絡を試みた後、これらのデータはようやく保護された。

 Fitusi氏が電子メールで述べたところによると、問題のデータベースには「ユーザーによるキーボードの利用パターンに関する」ユーザーの基本データの約50%が含まれていたという。同氏は、このアプリはいかなるパスワードもクレジットカード情報も収集、保存、送信していないと述べた。

 各ユーザー記録にはユーザーの位置情報のほか、ユーザーのフルネーム、メールアドレス、アプリがインストールされてからの日数などの基本情報が含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)10時29分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。