「macOS High Sierra 10.13.2」公開--管理者ログインの問題など修正

ZDNet Japan 2017年12月07日(木)16時14分配信

 アップルは米国時間12月6日、「macOS High Sierra 10.13.2」を公開した。

 セキュリティに関するアップデートの1つとしてディレクトリユーティリティの脆弱性(CVE-2017-13872)も修正し、パスワードを入力せずに管理者権限でログインできてしまう問題にあらためて対処した。同社は11月28日にこのバグの存在を認め、29日朝までにこれを修正するソフトウェアアップデートをリリースしていた。今回の修正の対象となるのはmacOS High Sierra 10.13と10.13.1だ。10.12.6以前のバージョンはこの問題の影響を受けない。

 他にも、一部のサードパーティー製USBオーディオデバイスとの互換性が向上した。また、PDF文書のプレビュー表示時の「VoiceOver」機能や、「メール」での点字ディスプレイ対応が改善された。

 Appleは今回のアップデートを、10.13.1を使用中のすべてのユーザーに推奨している。アップデートは「Mac App Store」から入手可能だ。

ZDNet Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)16時14分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。