[DATAで見るケータイ業界] 導入が広がりつつあるMVNOのゼロ・レーティングを整理する

ケータイ Watch 2017年06月19日(月)10時52分配信

 料金体系やサービス面で違いを打ち出しにくいと言われるMVNOだが、新たな差別化策として徐々に導入が広がりつつあるのが「ゼロ・レーティング」だ。

 特定のアプリやサービスを利用した際のデータ通信を課金対象から外すことを指している。使ったデータ量としてカウントしないことから「カウントフリー」とも呼ばれている。

 ちなみに「カウントフリー」はNTT<9432>コミュニケーションズが2015年に商標登録している。そこで本稿ではゼロ・レーティングとして表記していきたい。

 上の表は、ゼロ・レーティング機能を採用した料金体系を持つ主なMVNOと、各サービスがどの通信を無料化の対象にしているかをまとめたものだ。ゼロ・レーティングと一口に言っても、無料化対象はSNS系・コンテンツ系ともに多岐にわたっている。

 また、表には記載していないが、自社サービスを無料化するMVNOもある。OCN モバイル ONEが「050 plus」など、J:COM MOBILEが「J:COMオンデマンドアプリ」を無料化しているのが代表的だ。

 利用者にとってはお得な機会が増えたといえるが、実際には課題も残る。

 無料かどうかを判定するために通信の中身を確認する行為が「通信の秘密」に抵触しないか、「ネットワーク中立性」の観点から特定サービスだけを優遇してもよいのか、など、ゼロ・レーティングには議論途上の論点がある。

 また、利用者側の認識と実際の請求に齟齬が出る可能性もある。各サービスとも無料化対象の条件を公開しているが、一方で「アプリケーションの更新に伴う識別子の変更などの理由により(無料化の)対象外として認識される場合がある」「他のお客様の迷惑となる場合に、一時的に通信を制限する場合がある」「ネットワークに影響があると判断される使用と当社が判断した利用者には、翌月から課金する場合がある」など、事業者側に有利な例外規定も見受けられる。契約を検討する場合は、提供条件をしっかりと確認する必要がありそうだ。

ケータイ Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)10時52分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】