au、「EAFF E-1サッカー選手権」でスタジアムでのVR観戦やカメラ100台の4D REPLAY

ケータイ Watch 2017年11月13日(月)13時55分配信

 KDDI<9433>は、2017年12月に開催される「EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会」で、VR技術を使った観戦や、100台のカメラを駆使する自由視点でのリプレイ映像など新たな観戦体験サービス「au Future Stadium」を提供する。

 au Future Stadiumでは、12月16日の味の素<2802>スタジアム観客席の一部に「au VR Seat」と題した席を設置。スマートフォンを使ったVR対応ヘッドマウントディスプレイを用意して、ライブ映像やリプレイ映像、ハイライト映像をVRで楽しめるようにする。サッカースタジアムでのVR観戦は国内初の取り組みという。抽選で50組100名が招待される。

 スタジアムには約100台のカメラが設置され、男子全6試合で自由視点でのリプレイ映像を楽しめるようにする。KDDI<9433>が出資する4D REPLAY社の技術を活用するもので、テレビ中継で楽しめるという。

 また男女12試合では「au Stats Award」という新たな表彰もされる。これはゴールや勝敗だけではなく、試合への関与・貢献度を可視化するもの。auがサッカー日本代表を応援するサイト「au BLUE CHALLENGE」でその実績データが公開される。

 このほか日本戦の観戦チケットプレゼントや、日本対韓国戦のエスコートキッズ招待といったキャンペーンも実施される。

ケータイ Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)13時55分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。