「メルカリ」、初回出品時には本人情報の登録必須に

ケータイ Watch 2017年11月14日(火)13時11分配信

 メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」で、12月上旬、3つの仕様変更を実施する。具体的な時期は別途案内される。

 変更される仕様のひとつが、初回出品時における本人情報の登録が必須になること。これまでは振込を申請するときに行っていた。登録する本人情報は住所、氏名、生年月日で、売上金の銀行口座名義と一致しなければ売り上金を引き出せなくなる。ただし家族名義の銀行口座や結婚などで改姓する場合は除く。

 売上金の振込を申請する期限はこれまで1年間となっていたが、仕様変更後の取引については、90日間になる。変更前の取引は対象外。期限までに売上金が利用されなければユーザーが登録した銀行口座へ自動的に振り込まれる。

 このほか、売上金を使って直接、商品を購入できなくなる。いったん商品を購入するためのポイント(1ポイント1円)に交換する手続きが必要になる。

 メルカリでは、安心・安全な利用環境のために仕様を変更すると説明。本人確認の仕様変更で盗品など不正な出品を抑えつつ、警察と早期に連携できるようになるという。売上金の扱いについては、同社が前払式(プリペイド)支払手段発行者として登録することでポイントを保全できるようにする。

ケータイ Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)13時11分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。