日本エンターが3連騰、豊洲移転決定方針でいなせりへのプラス効果に期待

株経ONLINE 2017年06月19日(月)10時53分配信

 日本エンタープライズ<4829>が3連騰。複数のメディアで、東京都の小池百合子知事が、今週にも築地市場を豊洲市場に移転しつつ築地も活用する方針を表明すると報じていることを受けて、子会社いなせりが築地ネット市場「いなせり」を運営する同社が関連銘柄として物色されているようだ。  「いなせり」は、約600社の仲卸が所属する東京魚市場卸協同組合の公式電子商取引サービスで、築地市場内に店を構える仲卸から直接食材の仕入れができるECサービス。豊洲移転が決定することで、仲卸が落ち着き参加企業の増加が期待でき、さらに築地ブランドの活用でブランド力が維持されるとの見方が強まっているようだ。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
株経ONLINE
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)10時53分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】