野村不HDが急落、日本郵政の買収交渉が白紙に◇

みんなの株式 2017年06月19日(月)09時35分配信

 野村不動産ホールディングス<3231>が大幅安。前週末まで4日続伸と上値を慕う展開にあったが、きょうは寄り付きから大量の売り注文にさらされる格好となっている。17日付の日本経済新聞が同社に対する日本郵政<6178>の買収交渉が白紙になる見通しとなったことを伝えており、これがネガティブサプライズとなった。なお19日朝方に、野村不HD<3231>日本郵政<6178>による同社株式の取得について、検討を中止することになったとの旨を伝えている。  野村不HD<3231>の株価は5月16日に大きくマドを開けて買われていたが、一気にその時のマドを埋めにいく売り圧力の強い展開となっている。信用取組も直近は買い残急増で、大幅に買い長となっていたこともあって見切り売りがかさむ展開に。 (注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)09時35分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。