東京株式(前引け)=ハイテク株中心に買い優勢、2万円大台を回復

みんなの株式 2017年06月19日(月)11時48分配信

 19日前引けの日経平均株価<.N225>は前週末比118円93銭高の2万62円19銭と続伸。前場の東証1部の売買高概算は7億7035万株、売買代金概算は9811億4000万円。値上がり銘柄数は1436、対して値下がり銘柄数は462、変わらずは121銘柄だった。  きょう前場の東京株式市場は、買い優勢で始まった後も日経平均株価<.N225>は漸次水準を切り上げ、2万円大台を回復した。前週末の米国株市場ではナスダック指数は軟調だったものの、NYダウは小幅ながら上昇し過去最高値を更新、為替も前場取引時間中に1ドル=111円台に入るなど円安傾向となり、全体リスク選好ムード支えた。前週に売り物が目立った半導体関連などハイテク銘柄が総じて切り返し、全体の地合い改善を後押しした。ただ、売買代金は前場段階で1兆円を下回った。  個別では任天堂<7974>が高水準の売買代金を集め上昇、KLab<3656>も活況のなか値を飛ばした。ソニー<6758>東京エレクトロン<8035>なども高い。ゼリア新薬工業<4559>日本エンタープライズ<4829>も大幅高となった。TOKYO BASE<3415>ベクトル<6058>なども物色人気に。半面、野村不動産ホールディングス<3231>が急落、芦森工業<3526>も利食われた。エンシュウ<6218>も軟調。森永製菓<2201>JR九州<9142>なども冴えない。なお、タカタ<7312>はストップ安ウリ気配となっている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)11時48分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。