荒川化学が4日ぶり反発、中国で営業・マーケティング体制強化と報じられる

みんなの株式 2017年06月19日(月)09時56分配信
 荒川化学工業<4968>が4日ぶりに反発している。きょう付の化学工業日報で、「中国事業拡大を目指し現地の営業・マーケティング体制を強化する」と報じられており、業績への貢献を期待した買いが入っているようだ。  記事によると、上海現地法人の事務所を7月に移転しスペースを拡張するとともに人員を増強するほか、南通拠点では製紙用薬品の生産能力増強を図り、さらに包装グラビアインキ用樹脂などの強化を検討するとしている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)09時56分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。