JR東海は4日続伸、台湾高鉄から運行管理システム更新にかかる技術コンサルティングを受託

みんなの株式 2017年06月19日(月)13時32分配信

 JR東海<9022>が4日続伸。16日の取引終了後、台灣高速鐵路(台湾高鉄)から、運行管理システムの更新工事にかかる技術コンサルティングを受託したと発表しており、業績への貢献を好材料視した買いが入っている。  同社では、14年4月から12月まで、台湾高鉄に対して運行管理システムの更新計画の策定にかかる技術コンサルティングを実施したが、今回の受託はこれに続くものとして、運行管理システムの更新工事における確認試験や設備切り替えなどに対する助言業務を行うとしている。なお、契約期間は17年5月1日から20年1月31日までの33カ月間となっている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)13時32分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。