シャノンは大幅反発、SCSK子会社とBtoBマーケティングソリューションの提供で協業◇

株経ONLINE 2017年06月19日(月)11時25分配信

 シャノン<3976>は大幅反発。午前11時ごろ、SCSK<9719>子会社のSCSK<9719>サービスウェアと、「SHANON MARKETING PLATFORM」(以下「SMP」)の代理販売を含むBtoBマーケティングソリューションの提供で協業を開始したと発表しており、業績への寄与を期待した買いが入っている。  SMPは、シャノン<3976>が提供するマーケティングの統合データ管理・活用を実現するクラウドアプリケーション。今回の協業開始により、SCSK<9719>サービスウェアのコンタクトセンター運用やコミュニケーションノウハウを生かしたBPOサービスをSMPと組み合わせることで、BtoBマーケティングのコンサルティングから、SMPの導入・運用、デジタルコンテンツの制作、電話を活用したインサイドセールスまで、企業の課題解決と継続運用をワンストップで提供可能となったとしている。 (注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
株経ONLINE
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)11時25分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】