石川製など防衛関連株が軒並み高、北朝鮮ミサイル発射で投機資金流入加速◇

みんなの株式 2017年09月15日(金)09時07分配信

 石川製作所<6208>豊和工業<6203>細谷火工<4274>技研興業<9764>阿波製紙<3896>などが軒並みカイ気配で始まった。  朝方に北朝鮮が弾道ミサイルを発射、北海道上空を通過して襟裳岬の東約2000キロメートルの太平洋上に着水したことが観測されており、極東アジア情勢を巡る軍事的緊張が高まったことから、防衛関連に位置づけられる銘柄に改めて投機資金が流入している。防衛省と取り引きがあり機雷を生産する石川製<6208>や火器を生産する豊和工<6203>のほか、技研興業<9764>阿波製紙<3896>はEMP攻撃に対する電磁波シールド関連株として買われているが、需給先行で多分にマネーゲーム的要素を含んでいる。 (注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)09時07分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。