任天堂が3日ぶり反発、欧州大手証券が株価がヒートアップの可能性があると指摘

みんなの株式 2017年09月15日(金)11時03分配信

 任天堂<7974>が3日ぶりに反発。ドイツ証券は14日付のリポートで、株価は3カ月近く3万5000円から約4万円のレンジ内で推移してきたが、株価が高値安定から高騰へヒートアップし始めている可能性があると指摘。四半期ごとの「ニンテンドースイッチ」に関する一連のデータは心強い内容となっており、徐々に増加するデータが年内の4万円大台乗せを促すこともあり得るとしている。  また、今月21日から「東京ゲームショウ2017」が開催される予定で、同社は出展しないものの、ソフトメーカーによるスイッチ向け新作ソフトの発表に対する思惑も働いているようだ。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)11時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。