日揮が3日ぶり小幅反発、国内大手証券は「オーバーウエート」継続

みんなの株式 2017年09月15日(金)11時20分配信

 日揮<1963>は3日ぶりに小幅反発。足もとで原油価格が上昇していることも、石油関連プラントなどを手掛ける同社には追い風だ。三菱UFJモルガン・スタンレー<6923>証券は14日、同社株のレーティングの「オーバーウエート」と目標株価2200円を継続した。同証券では、「今後原油価格の大幅な低下は見込みにくく、同社株への中期的な投資妙味は高まった」と指摘。短期的に米国を襲ったハリケーンが、進行中のエチレンプロジェクトに与える影響には注視が必要としているが、仮に18年3月期に追加損失が発生しても、19年3月期以降の業績に与える影響は限定的とみている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)11時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。