エヌエフ回路が急騰、量子コンピューター分野のキーカンパニー

みんなの株式 2017年09月15日(金)10時04分配信

 エヌエフ回路設計ブロック<6864>が急騰、カイ気配で水準を切り上げ一時1550円と200円近い上昇をみせた。  スーパーコンピューターでは何千年を要する演算をわずか数時間で完結するといわれる量子コンピューターの実用化に安倍政権は積極的だが、民間企業でも同分野に経営資源を振り向ける動きが出ている。15日付の日本経済新聞1面で「次世代の高速コンピューターとして期待される量子コンピューターを日本の製造業大手が相次ぎ導入する」と報じられている。そのなか、同社は微小信号のスペシャリストで量子コンピューター向けに世界最高レベルの信号増幅装置を提供しており、同分野のキーカンパニーとして注目度が高まっている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)10時04分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。