昭和真空がS高カイ気配、量産効果や稼働率向上で18年3月期業績予想を上方修正

みんなの株式 2017年09月15日(金)09時38分配信
 昭和真空<6384>がストップ高水準でカイ気配となっている。14日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想について、売上高を107億円から116億3000万円(前期比34.6%増)へ、営業利益を9億4000万円から14億7600万円(同57.4%増)へ、純利益を7億7000万円から11億2700万円(同58.7%増)へ上方修正したことを好感した買いが入っている。  期初受注残に加えて受注が堅調に推移していることに加えて、生産面で量産効果や工場の稼働率向上が見込まれることが要因。また、全社を挙げてコストダウンに取り組んでいることも寄与する。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)09時38分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。