ウインテストが反発、17年7月期は営業赤字幅縮小を見込む

みんなの株式 2017年09月15日(金)13時30分配信
 ウインテスト<6721>が反発している。14日の取引終了後、従来は未開示としていた17年7月期の単独業績予想を発表し、売上高2億2900万円(前期比7.5%増)、営業損益1億8600万円の赤字(前期2億1300万円の赤字)、最終損益2億500万円の赤字(同2億2600万円の赤字)と営業赤字幅の縮小を見込んでいることが好感されている。  M&Aにかかる費用の発生や新株発行などにかかる費用の発生などがあったものの、経費節減や製品原価率の改善などで赤字幅は縮小した。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)13時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。