大盛工は一時19.8%高、18年7月期最終利益6.8倍予想で3円増配

みんなの株式 2017年09月15日(金)09時24分配信

 大盛工業<1844>が続急騰、一時19.8%高の224円まで買われる人気となった。同社は下水道工事に特化した建設会社で、老朽インフラの更新需要を背景に手持ち工事、完工高ともに増勢にある。  同社は14日取引終了後、18年7月期の連結業績予想を発表、売上高は42億4500万円(前期比12.1%増)、営業利益は2億4300万円(同21.7%増)、最終利益は2億3500万円(同6.8倍)と高変化を見込んでおり、これを材料視する買いが集中する格好となった。今期の年間配当は前期比3円増配となる5円を計画していることも人気を助長している。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)09時24分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。