アンジェス、尋常性乾癬を対象としたNF-κBデコイオリゴDNAに関する特許が欧州で成立

みんなの株式 2017年09月15日(金)16時06分配信
 アンジェス<4563>がこの日の取引終了後、同社の尋常性乾癬(かんせん)を対象としたNF-κBデコイオリゴDNA(以下「NF-κBデコイ」)に関する特許が、欧州特許庁で登録されたと発表した。  同特許は、皮膚疾患である尋常性乾癬を対象としたNF-κBデコイを含む薬学的組成物およびその使用方法を多面的に保護するもので、日本では既に12年5月に登録されている。NF-κBデコイは、炎症を引き起こす生体物質であるサイトカイン(細胞から放出される生理活性物質)を抑制するため、過剰な炎症や免疫反応を原因とするさまざまな疾患に有効な治療薬となる可能性があり、同社では現在、NF-κBデコイを用いた椎間板性腰痛症の治療薬を開発中としている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)16時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。