ダイセキSの18年2月期営業利益予想を下方修正、土壌処理施設の処理数量が目標下回る

みんなの株式 2017年09月15日(金)15時43分配信
 ダイセキ環境ソリューション<1712>がこの日の取引終了後、18年2月期の連結業績予想について、営業利益を18億9400万円から16億9400万円(前期比12.3%増)へ、純利益を11億5700万円から10億8300万円(同13.5%増)へ下方修正した。  主力の土壌汚染調査・処理事業で、首都圏において東京五輪に向けての開発工事などが増加傾向にあったことから、売上高は166億円から167億円(前期比16.2%増)へ上方修正。ただ、4月に完成した土壌処理施設(弥冨リサイクルセンター)の試運転や実機テストなどに時間がかかり、処理実績が目標の処理数量を大幅に下回ったため、減価償却費などの固定費をカバーできず、利益は下方修正したとしている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)15時43分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。