ヤーマンは大幅続伸で一時1万4000円台乗せ、免税店向け好調などで第1四半期の営業利益は48.9%増

みんなの株式 2017年09月15日(金)13時28分配信

 家庭用美容、健康機器メーカーのヤーマン<6630>は、前日のストップ高に続いてきょうも大幅続伸。一時、前日比2570円高の1万4030円まで買い進まれ、連日の上場来高値更新となっている。  同社は13日取引終了後、18年4月期の第1四半期(5~7月)連結決算を発表した。売上高は60億9700万円(前年同期比9.6%増)、営業利益は16億4800万円(同48.9%増)、最終利益は10億4800万円(同41.9%増)だった。  家電量販店、大手百貨店、バラエティショップなどへの販売を行っている“店販部門”の業績が好調な推移をみせた。免税店向け卸売事業が好調を維持したことなどにより、この部門の第1四半期の売上高は25億5400万円(前年同期比70.5%増)、セグメント利益は11億5400万円(前年同期比84.9%増)と大幅な伸びとなった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)13時28分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。