アルファクスFSが後場一段高、ユニティ社からCRM事業を無償で譲受

みんなの株式 2017年09月15日(金)14時04分配信
 アルファクス・フード・システム<3814>が後場一段高となっている。午後1時30分ごろ、ユニティマーケティングソリューション(千葉県銚子市)のCRM事業を無償で譲受すると発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。  ユニティ社は、外食産業や流通業向けにCRM事業を20年以上前から展開している企業。今回の譲受により、ユニティ社のノウハウと顧客基盤を獲得することで、より詳細な顧客管理分析サービスが可能となるなど同社サービス領域の拡大が見込まれるとしている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)14時04分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。