アルバックは大幅続伸、半導体・電子部品製造装置など好調で18年6月期業績予想を上方修正、

みんなの株式 2017年11月13日(月)09時12分配信

 アルバック<6728>は大幅続伸し上場来高値を更新している。前週末10日の取引終了後、18年6月期の連結業績予想について、売上高を2390億円から2450億円(前期比5.7%増)へ、営業利益を310億円から330億円(同12.0%増)へ、純利益を255億円から275億円(同12.4%増)へ上方修正したことが好感されている。  メモリ向け投資の拡大に伴い、足もとでスパッタリング装置や自然酸化膜除去装置が増加しているほか、モバイル機器向け高機能デバイス製造装置などが堅調に推移していることを受けて、第2四半期以降も半導体および電子部品製造装置を中心に売上高が予想を上回ることが要因としている。  なお、同時に発表した第1四半期(7~9月)決算は、売上高609億4300万円(前年同期比21.7%増)、営業利益89億円(同38.6%増)、純利益63億3300万円(同24.7%増)だった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)09時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。