パスは小動き、18年3月期業績予想を上方修正も反応限定的

みんなの株式 2017年11月13日(月)12時35分配信
 パス<3840>は小動き。午後0時15分ごろ、18年3月期の連結業績予想について、売上高を32億円から33億円(前期比2.9%減)へ、営業損益を1億円の赤字から5000万円の赤字(前期2億4600万円の赤字)へ、最終損益を1億2000万円の赤字から8000万円の赤字(同9億8700万円の赤字)へ上方修正したが、市場の反応は限定的のようだ。  新商品の導入による店頭でのプロモーションやテレビ通販でのオンエア実績の好調を受けて、通信販売事業における売上高が統計を大きく上回る見通しとなったことが要因としている。  なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高16億6900万円(前年同期比4.5%減)、営業損益1400万円の赤字(前年同期1億2500万円の赤字)、最終損益2500万円の赤字(同2億600万円の赤字)だった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)12時35分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。