明日の為替相場見通し=113円台前半の一進一退も

みんなの株式 2017年11月13日(月)17時40分配信

 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、依然113円前半を中心とするもみ合いとなる可能性がありそうだ。予想レンジは1ドル=112円80~113円80銭。  この日は、日経平均株価<.N225>が午後2時過ぎから大幅続落したことを受け、為替相場もドル安・円高が進行。一時113円34銭をつけた。ただ、下値に買いが流入し、113円50銭前後へ値を戻す展開となっている。市場では、15日の米10月消費者物価指数と同小売売上高への関心が高く様子見姿勢が強まっている。こうしたなか、株価の下落でややリスク回避の動きが出るなか、あすにかけては113円前半での値動きが予想される。あすは中国10月鉱工業生産や同小売売上高の発表も予定されている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)17時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。