ファーストロジは小動き、東証が指定替えにかかる猶予期間入りと発表も反応限定的

みんなの株式 2017年11月13日(月)09時16分配信
 ファーストロジック<6037>は小動き。東京証券取引所が前週末10日の取引終了後、同社株が指定替えにかかる猶予期間に入ると発表したが、想定内として市場の反応は限定的のようだ。  17年7月31日時点の株主数が、指定替え基準に定める所要数(2000人)未満となっているためで、猶予期間は18年7月31日まで。同日までに株主数が2000人以上にならなければ、ファーストロジ株は東証2部に指定替えとなる。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)09時16分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。