三井不が軟調で不動産株安を主導、4~9月期営業益2割減

みんなの株式 2017年11月13日(月)12時53分配信

 三井不動産<8801>5日ぶり反落、一時117.5円安と大きく売られた。きょうは不動産株が軟調な展開を強いられているが、同社株がそれを主導する格好となっている。  同社は10日取引終了後、18年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表。売上高は7217億8700万円(前年同期比11.0%減)、営業利益は922億3200万円(同19.6%減)、最終利益は485億7700万円(同33.3%減)と低調だったことで、これを嫌気する形で売りを浴びた。オフィスビルの賃料収入やマンション販売は好調ながら投資物件の売却益が減少したことが収益を押し下げている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)12時53分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。