ビリングシスが一時S高、17年12月期業績予想の上方修正と1対2株の株式分割を発表

みんなの株式 2017年11月13日(月)09時41分配信
 ビリングシステム<3623>が一時ストップ高の8650円まで買われている。前週末10日の取引終了後、12月31日を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表したほか、17年12月期の連結業績予想について、売上高を20億9300万円から22億3700万円(前期比19.9%増)へ、営業利益を1億7500万円から2億3300万円(同4.5%増)へ、最終利益を9200万円から1億1500万円(前期5500万円の赤字)へ上方修正したことが好感されている。  上方修正は、クイック入金サービスの取次件数が計画を上回って推移していることや、新しくサービスを開始した飲料自動販売機向け電子マネー対応シンクライアント型決済端末の販売が堅調に推移していることが要因としている。  なお、第3四半期累計(1~9月)決算は、売上高17億2500万円(前年同期比23.4%増)、営業利益2億900万円(同23.9%増)、最終利益1億400万円(前年同期9100万円の赤字)だった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)09時41分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。