13日の株式相場見通し=前週末の欧米株式の軟調を受け売り先行

みんなの株式 2017年11月13日(月)08時36分配信
 13日の東京株式市場は、前週末の欧米株式市場が軟調な推移となったことを受け、売り優勢のスタートとなりそうだ。13日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=113円60銭台での推移となっている。  10日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比39.73ドル安の2万3422.21ドルと小幅続落した。米上下両院でまとめた税制改革案は、法人減税の実施時期などを巡って内容が大きく異なっていることから、与党内の調整が難航するとの懸念が広がり、売り優勢となった。また、10日は、ベテランズデー(退役軍人の日、11日)の振り替え休日に当たり、市場参加者が少なく、積極的な売買は手控えられた。スダック総合株価指数は、前日比0.886ポイント高の6750.939と小幅反発した。  日程面では、10月の国内企業物価指数に注目している。(冨田康夫) 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)08時36分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。