ムトー精工がS高、電子ペン部品好調などで18年3月期業績予想を上方修正

みんなの株式 2017年11月13日(月)09時55分配信
 ムトー精工<7927>がストップ高の1510円まで買われ、年初来高値を更新している。前週末10日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想について、売上高を250億円から256億円(前期比6.4%増)へ、営業利益を8億円から13億円(同2.3倍)へ、純利益を6億円から10億円(同3.5倍)へ上方修正したことが好感されている。  前年第2四半期までの急激な円高の進行や、熊本大地震による影響がなくなったことに加えて、電子ペン部品の出荷が好調に推移したことが寄与。また、各海外製造拠点の業績が好調に推移していることなども貢献する見通しだ。  なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高131億2300万円(前年同期比9.4%増)、営業利益9億5100万円(同11.9倍)、純利益7億8700万円(前年同期6300万円の赤字)だった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)09時55分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。