T&Gニーズ大幅続伸、第2四半期経常損益は赤字予想から一転して黒字で着地

みんなの株式 2017年11月13日(月)10時23分配信

 テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>が大幅続伸となっている。同社は10日取引終了後に、18年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表。経常損益は4億9100万円の黒字(前年同期は2億8200万円の黒字)となり、従来予想の2億円の赤字から上振れ着地した。  売上高は310億8200万円(前年同期比7.7%増)となり、従来予想の305億円を上回った。国内店舗の受注が好調だったほか、商品のマージン改善やコスト削減に取り組んだことなどが寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)10時23分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。