シチズン時計が大幅高、半導体向け工作機械など牽引し第2四半期営業利益2ケタ成長

みんなの株式 2017年11月13日(月)09時26分配信
 シチズン時計<7762>が大幅高。同社が10日取引終了後に発表した18年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算は、売上高が1533億7900万円(前年同期比0.9%減)と微減だったものの、営業利益は117億6300万円(同10.1%増)と2ケタ増益を確保、最終利益は82億2000万円(同56.6%増)と高変化を示した。これを好感する形で買いを呼び込んでいる。  旺盛な半導体需要や車載関連向けに工作機械需要が好調で収益を牽引した。主力の時計事業も富裕層を中心とする高額商品への需要が回復し業績に寄与した。一方、子会社の取引に不適切行為があったことを発表したが、これに対するネガティブな反応は限定的となっている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)09時26分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。