鴻池運輸がマドを開け急伸、旺盛な設備投資需要追い風で株式需給面にも軽さ

みんなの株式 2017年11月14日(火)13時26分配信

 鴻池運輸<9025>が大きくマドを開けて急伸、上場来高値を更新し2000円大台に乗せてきた。総合物流大手で特に鉄鋼や食品分野などを強みとする。堅調な設備投資需要が追い風となっており、機械など生産関連の貨物量が増加している。主力の鉄鋼関連は火力発電所設備向けなどが好調、海外ではアジア地域の電子部品販売需要が収益に貢献している。  13日取引終了後に発表した18年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算は売上高が1373億6300万円(前年同期比5.6%増)、営業利益は64億8600万円(同3.0%増)、最終利益は43億3400万円(同2.0%増)と増収増益を確保した。通期の最終利益70億円予想(前期比4.3%減)を見込んでいるが、上期時点の進捗率は約62%で計画に上乗せされる可能性もある。株式需給面では信用倍率0.2倍台と売り長で日証金<8511>では逆日歩ついた状態で上値が軽い。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)13時26分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。