朝日印刷が大幅反発、12月末を基準日とする1対2株の株式分割を発表

みんなの株式 2017年11月14日(火)13時39分配信
 朝日印刷<3951>が大幅反発し、年初来高値を更新している。13日取引終了後、12月31日を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。あわせて、従来15円を予定していた中間配当で東証上場15周年を記念して5円の記念配当を行い、20円にすると発表しており、これらを好感した買いが入っている。  また、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算は、売上高191億5100万円(前年同期比4.3%増)、営業利益13億500万円(同7.5%増)、純利益9億8700万円(同10.2%増)だった。  印刷包装事業で、医薬品向けがOTC・医療用向けともに伸長したほか、化粧品向け受注も堅調だった。また、包装システム販売で受注案件が増加したことなども寄与した。  なお、18年3月期通期業績予想は、売上高380億円(前期比1.1%増)、営業利益25億4000万円(同2.2%増)、純利益19億2000万円(同4.0%増)の従来見通しを据え置いている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)13時39分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。