ヨロズが大幅続伸、部品売り上げ増加し18年3月期業績・配当予想を上方修正

みんなの株式 2017年11月14日(火)09時21分配信

 ヨロズ<7294>が大幅続伸で年初来高値を更新している。13日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想について、売上高を1660億円から1730億円(前期比3.1%増)へ、営業利益を41億円から56億5000万円(同10.7%減)へ、最終利益を25億円から34億5000万円(同13.3%減)へ上方修正したことが好感されている。  国内事業で、部品売り上げやロイヤルティー収入が増加していることに加えて、上期に外貨建て資産負債の評価替えなどで為替差益が発生したことなどが要因という。また、業績予想の修正に伴い、従来、中間18円・期末19円の年37円を予定していた配当予想について、中間25円・期末26円の年51円にするとあわせて発表している。  なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高857億900万円(前年同期比3.0%増)、営業利益31億4800万円(同24.5%増)、最終利益25億8400万円(前年同期2億9000万円の赤字)だった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)09時21分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。