東京株式(前引け)=反発、調整一巡で押し目買いに切り返す

みんなの株式 2017年11月14日(火)11時50分配信

 14日前引けの日経平均株価<.N225>は前日比60円25銭高の2万2441円24銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は8億9741万株、売買代金概算は1兆5208億2000万円。値上がり銘柄数は701、対して値下がり銘柄数は1234、変わらずは99銘柄だった。  きょう前場の東京株式市場は、朝方は売り優勢で始まったものの下値は堅く、寄り後すぐに日経平均株価<.N225>は上昇に転じた。その後は上値も重く、再びマイナス圏に沈む場面もあったが後半買い直され、前引け間際に伸び悩んだもののプラス圏で着地している。為替も1ドル=113円台後半で落ち着いた動きを見せ、日経平均株価<.N225>は前日までの4日続落でひと頃より高値警戒感が後退していたことが、幅広く押し目買いを呼ぶ格好となった。  個別では任天堂<7974>が断トツの売買代金をこなし上昇、SUMCO<3436>東京エレクトロン<8035>など半導体関連も高い。ジャパンベストレスキューシステム<2453>が一時ストップ高、東洋炭素<5310>井関農機<6310>なども値を飛ばした。スターティア<3393>も買いを集めた。半面、ソフトバンクグループ<9984>が冴えず、楽天<4755>も軟調。平田機工<6258>が大幅安となった。ユニデンホールディングス<6815>が急落、ニチイ学館<9792>アカツキ<3932>なども売られた。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)11時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。