TYKが急騰で19年8カ月ぶり高値圏浮上、好業績背景に18年3月期配当を増額

みんなの株式 2017年11月14日(火)09時53分配信

 TYK<5363>が売買高を大きく膨らませ急騰、10月2日につけた年初来高値436円を大幅に更新、時価は1998年3月以来19年8カ月ぶりの高値圏に浮上している。同社はJFE<5411>系の耐火物大手で粗鋼生産量の増加などが収益面で追い風となっている。18年3月期業績は営業利益段階で前期比15%増の15億3000万円予想と好調だが、13日取引終了後に18年3月期の配当予想を修正、年間配当は従来予想の4円から6円と2円増配することで、これを材料視する買いを呼び込んだ。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)09時53分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。