大木ヘルスは5日ぶり反落、東証が14日から信用取引の委託保証金率を引き上げ

みんなの株式 2017年11月14日(火)10時52分配信
 大木ヘルスケアホールディングス<3417>は5日ぶりに反落。東証が13日、大木ヘルス<3417>株の信用取引の委託保証金率を、14日売買分から50%以上(うち現金20%以上)に引き上げると発表した。日証金<8511>も同日以降、貸借取引自己取引分および非清算者ごとの清算取次貸借取引自己取引分の貸借担保金率を、現行の30%から50%(うち現金20%)に引き上げると発表している。  信用取引の規制強化に伴って、売買の自由度が制限されるとの見方から売りが優勢となっているようだ。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)10時52分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。