アジア投資がマド開け急反発、4~9月期営業利益3.4倍で投資資金が攻勢

みんなの株式 2017年11月14日(火)09時43分配信

 日本アジア投資<8518>が4日ぶり反発、マドを開けて買われ一時31円高の446円と急伸をみせた。  独立系ベンチャーキャピタルでアジア地域などの海外への投資で実績がある。IPOの売却益が増勢にあるほか、メガソーラーへの投資事業も収益貢献が期待される状況にある。13日取引終了後に発表した18年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算は売上高にあたる営業収益が50億6200万円(前年同期比2.7倍)、営業利益5億8200万円(同3.4倍)と急拡大した。これを手掛かりに大きく買いが先行する形となった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)09時43分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。