浜松ホトニクは急反発し年初来高値、300万株を上限とする自社株買いと消却を好感

みんなの株式 2017年11月14日(火)09時30分配信

 浜松ホトニクス<6965>が急反発し、年初来高値を更新した。同社は13日取引終了後に、300万株(自己株式を除く発行済み株式数の1.90%)、100億円を上限とする自社株取得枠を設定(取得期間はきょうから来年3月23日まで)したと発表。また、これによる取得した全株式を来年4月20日付で消却するとしており、需給改善が期待されるとして好感されているようだ。  あわせて、18年9月期通期の連結業績予想を公表。売上高は1363億円(前期比4.4%増)、営業利益は236億円(同3.3%増)を見込む。なお、業績予想の前提となる為替レートは1ドル=110円、1ユーロ=125円を想定している。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)09時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。