東京株式(寄り付き)=続落、米株堅調も利益確定売り優勢の地合いから抜けられず

みんなの株式 2017年11月14日(火)09時04分配信

 14日の東京株式市場は売り優勢、寄り付きの日経平均株価<.N225>は前日比38円安の2万2342円と続落。  前日の米国株市場ではNYダウが小幅ながら3日ぶり反発、ナスダック指数、S&P500指数も小幅ながらプラスで、リスクを回避する動きは一服した。東京市場でも前日まで日経平均株価<.N225>が4日続落で前日は300円安と下げ幅も大きかったこともあって、目先リバウンド狙いの買いが入りやすい状況となっている。ただ、足もとは依然として利益確定の売り圧力に押されている。外国為替市場では1ドル=113円台後半の推移で現状は全体相場に与える影響は限定的だが、取引時間中は為替動向を横目に全体株価もボラティリティが高まる場面も考えられる。  寄り付き時点で業種別では33業種中、その他金融、その他製品、証券、金属製品を除いて安い。値下がりで目立つのは石油、鉱業、空運など。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)09時04分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。